京都においでやす!最高の観光スポットコース

全国の有名イベントから地元の人しか知らないイベントまで現地での楽しみ方などをお知らせしています。





京都法然院の椿が見頃!特別拝観と御朱印情報、便利な駐車場ガイドまで

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

春の訪れと共に、

京都は色鮮やかな花々でいっぱいになります。



特に、法然院の椿は見頃を迎え、

その美しさは訪れる人々を魅了します。

 

この記事では、

法然院の特別拝観や御朱印の情報、

そしてアクセスに便利な駐車場についてご紹介します。

 

 

法然院の見どころ

法然院は、

京都の歴史ある寺院の一つで、

その庭園や建築は四季折々の美しさを見せてくれます。

 

特に、春の椿の花は必見です。

 

法然院は

京都の静かな美しさを象徴する場所で、

多くの見どころがあります。

 

春季 伽藍内特別公開【法然院】
2024年4月1日(月)~7日(日)

 

 

秋季 伽藍内特別公開【法然院】

 

以下は、法然院の主な見どころです

 

山門

法然院への入口であり、

新緑や紅葉、雪化粧など季節によって

異なる美しさを見せます。

 

外側と内側から見ると、異なる景色が楽しめます。


白砂壇 (びゃくさだん)

山門を入ってすぐの白い砂が敷かれた場所で、

心身を清めて浄域に入る意味が込められています。

 

時期によって異なる模様が描かれることもあります。


講堂

かつて大浴場だった建物が改装され、

現在は講演会やコンサート、

個展などに使用されています。


本堂

本尊は阿弥陀如来坐像で、

本堂への入堂はできませんが、

外からお参りすることが可能です。


経蔵

経典の版木が多数所蔵されており、

釈迦如来像や毘沙門天像、韋駄天像が安置されています。


方丈と方丈庭園

通常は非公開ですが、

春と秋の特別公開期間中には、

 

桃山時代の狩野光信筆の襖絵や

堂本印象筆の襖絵、浄土庭園などが見られます。


地蔵菩薩像

本堂正面の石段上にあり、

忍澂和尚が自身と等身大で鋳造させたものです。


鐘楼

年末には参詣者が鐘を撞くことができます。

 


これらの見どころは、

法然院の静寂と精神性を感じることができる要素であり、

訪れる人々に平穏な時間を提供します。

 

春と秋の特別公開期間には、

これらの見どころをより詳しく見ることができるので、

訪問を計画する際にはこれらの時期を狙うと良いでしょう。

 

椿の見頃

法然院の椿は、

春の訪れと共に美しい花を咲かせます。

見頃は例年、3月下旬から4月中旬頃になります。

 

この時期には、

法然院の境内に植えられている

約30種類の椿が、訪れる人々を魅了します。

 

特に有名なのは、

三銘椿と呼ばれる「五色散り椿」「貴椿」「花笠椿」です。

 

これらは

本堂北側の中庭に並んで植えられており、

それぞれが独特の美しさを放っています。

 

五色散り椿は、

紅色・桃色・白色・紅地に白斑が入った八重咲きで、

樹高約5.5メートルにもなります。

 

貴椿は白色の大輪の八重咲きで、

花弁が3重に重なり、

筒芯で花糸が白くなっているのが特徴です。

 

花笠椿は赤色・紅地に

絞りが入った大輪の八重咲きで、

葉はよじれ、葉柄は無毛です。

 

 

法然院では、

春季に伽藍内特別公開が行われ、

普段は見ることができない

庭園内の椿も楽しむことができます。

 

この期間は、

特に多くの椿愛好家や写真家が訪れ、

椿の美しさを撮影に収める絶好の機会となります。

 

椿の見頃の時期は、

その年の気候によって

多少前後することがありますので、

 

訪問を計画される際には、

法然院の公式ホームページや最新の情報をご確認ください。

 

住所と地図

〒606-8437 京都府京都市左京区鹿ケ谷法然院町30

mapfan.com

 

御朱印

特別拝観期間中には、

限定の御朱印をいただくことができます。

記念にぜひお求めください。

 

混雑する日

週末や祝日は特に混雑が予想されますので、

平日の訪問がおすすめです。

 

混雑する時間

午前中よりも午後の方が

比較的空いていることが多いです。

 

混雑回避法

混雑を避けるためには、

開門直後や閉門間際の時間帯が狙い目です。

 

駐車場やアクセス方法

法然院には専用の駐車場がありません。

 

そのため公共交通機関の利用が必須です。

 

京都駅から法然院へのアクセス方法は、

バスまたはタクシーを利用することができます。

 

以下に詳細を記載します。

 

 

バスでのアクセス

京都駅前バスターミナルから

市営バス急行100系統に乗車してください。乗り場はD1です。


約30分で最寄りバス停「法然院町」に到着します。

バスの本数は1時間に約8本です。


バス停から法然院までは北側に向かって歩き、

約450メートル(8分ほど)で到着します。


乗車料金は大人230円です。


タクシーでのアクセス

京都駅からタクシーを利用する場合、

約7キロメートルの距離を約20分で移動できます。


乗車料金は約2400円です。

 


法然院には専用の駐車場がないため、

車で訪れる場合は

近隣のパーキングを利用する必要があります。

 

宿泊の旅館やホテル

法然院周辺には、

落ち着いた雰囲気の旅館やホテルが多数あります。

早めの予約がおすすめです。

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

観光おすすめクーポン

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

周りの観光地

法然院周辺には、

京都の歴史と文化を感じることができる

多くの観光地があります。

 

以下は、

法然院の近くで訪れる価値のあるスポットです

 

哲学の道

約2kmにわたる遊歩道で、

桜の木が並び、

春には美しい花見スポットとなります。

 

哲学者西田幾多郎が

散歩を楽しんだことで知られています。


南禅寺

京都五山の一つで、

日本の禅寺の中でも特に高い格式を誇ります。

水路閣や三門などの美しい建築があります。


永観堂(禅林寺)

紅葉の名所として有名で、

秋には多くの観光客で賑わいます。

 

また、国宝の阿弥陀三尊を安置する

往生極楽院も見どころの一つです。

 

まとめ

京都法然院の椿は、

春の訪れを告げる美しい風物詩です。

 

特別拝観期間中の限定御朱印や、

便利な駐車場情報を活用して、

心に残る京都旅行をお楽しみください。

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp